B取材ブログ

Ñほうれん草とコーンの豆腐テリーヌ

ほうれん草とコーンの豆腐テリーヌ

2017/11/21

【ほうれん草とコーンの豆腐テリーヌ

<材料>1個分(流し缶1個分)  ※流し缶とは、料理やお菓子などで寒天・ゼラチンなどを用いて、やわらかく固めるときに使う容器のこと。
ほうれん草  1束
絹ごし豆腐  250g
ホタテのほぐし身缶  小1缶(全量で70g) ※身と汁に分け、汁を計量しておく。
コーン缶  小1缶(全量で85g) ※実と汁に分け、汁を計量しておく。
豆乳  200gから(ホタテとコーンの缶汁)を引いた量
白はんぺん  100g
水あめ  10g
粉寒天  6g
塩  3g
オリーブ油  大さじ1/2
黒胡椒  少々
ピンクペッパー  少々

1、鍋に豆腐を3等分にカットして入れ、たっぷりの水と塩少々(分量外)を入れて強火にかける。
   沸騰したら中火にして3分ほど茹で、紙タオルを敷いたザルにあげ、重石をして水切りする。
  (約200gになるまで水切りしたら①ボールに入れる。更にホタテの身&はんぺん&オリーブ油&黒胡椒を入れる。
2、鍋にたっぷりの沸騰湯を沸かし、塩少々(分量外)を加え、ほうれん草を茎の方からさっと茹でる。
   氷水にくぐらせてから、しっかり水気を絞る。
   粗みじん切りにして50gを量る。
3、豆乳と缶汁を合わせて200g計量したもの&寒天&塩を混ぜ、絶えずかき混ぜながら強火にかける。
   中心まで沸々したら火からおろす。
   ①のボールにあける。ブレンダ―で滑らかになるまで攪拌する。
   ボールに2等分する。(約260g×2ボール)
4、等分したボールそれぞれに、(ほうれん草50g&水あめ)(コーンの実)を加え、それぞれブレンダ―で攪拌する。
5、オリーブ油少々(分量外)を薄く塗った流し缶にほうれん草の生地を流し、その上にコーンの生地を流して平らにする。
   ラップ&アルミホイルをかぶせて型を覆う。
6、予め沸騰させておいた蒸し器に、割りばしを2本置いて型を置き、中火で20分蒸す。(要:露取り布巾)
   粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
7、食べやすい大きさにカットして皿に盛り、上からピンクペッパーをのせる。

このひと手間で【おしゃれなオードブルに変身!!】
「バケットのガーリックトースト」
1、スライスしたバケットに、にんにくの断面をこすり付ける。
2、オリーブ油少々を塗って、トースターでカリカリに焼く。
3、スライスしたテリーヌをのせてカナッペに!!

※生中継番組を優先して放送するため番組の予定を変更する場合があります。
※毎週金曜日18:00~21:00地デジ122chにてチャンネルミクスを試験放送。(一部日程を除く)
  • 番組表(EPG)

↑