f岡崎マチネタ伝言板

Ñ一松「クリスマス会食会」

一松「クリスマス会食会」

松應寺横丁まちづくり協議会・松本町包括ケア会議は、岡崎市松本町において「空き家活用」と「高齢者支援」に取り組んでいます。

今から2年半前から、買い物難民化が進む同町のお年寄りを支援するため、週に2回(現在は1回)会員制の弁当屋「一松」を始めました。
これは主に町内の独居、老々世帯を対象に会員となってもらい、原則的に毎回決まった時間に弁当を買いに来ていただくことで、近所での食事調達を兼ねて外出機会、交流機会を創出し、安否確認も行うという仕組みです。

今年の5月には空き店舗を改装して、お年寄り向けの交流サロン「じゅげむ」が開設されました。

このたび、その「じゅげむ」にて会員の町内高齢者を中心にお集まりいただき、一松のお弁当の会食会を開催します。

ひな地域包括支援センターの協力により、寸劇「送りつけ詐欺に気をつけよう」も上演されます。

地域が主体となった高齢者支援の取り組みとして、ご関心を持っていただけると幸いです。

↑